2008年 11月 07日

山本昌夫展

ぼちぼち時間も出来始めたので、少しずつ更新。
色々あって、時系列ごとに書くことができればいいのだけれど、そうなってくると後追いの整理に追われているようなので、思い出しつつ、一つずつ書く。
アメリカでもいろいろあったんだけど、時間がなくまとめきれてないので、また後日。

山本昌夫展@Gallery OUT of PLACE
私がmio用の額を探しているときに、相談に乗ってもらった学校のスタッフの方の勧めで行ってみた。その方も言ってたけど、目からウロコの展示方法だった。
大小さまざまなイメージ群(写真)が理解しがたいあるのかどうかもわからない規則性をもって配置(?)されている。
各イメージの隣接する関係性とか色などはなかなか読めないのだが、一つの空間を作り上げることに見事に成功している。
ティルマンスとはまた別の空間。日本的というのだろうか。
大阪府立現代美術センター「gallerism」でも出展するので見たいところ。

現在、個展を見据えてギャラリストの方に写真を見てもらいながら、進めている。時期は未定なれど、最低でも来年の今頃までにはと考えている。

この間、大学時代の後輩の披露宴(?)の二次会で、フリーランスのカメラマンをやっている後輩に久々に会って、色々話した。仕事のことやら撮るということやら。
現場は9割デジタルなので、持っているCP32を譲って欲しいと(強制的に)言ってみるも、そうなると商業カメラマンになるのでそれだけはという。まあ、当然は当然なのだが、考えさせられるものだった。
そのとき、写真仲間のことを思い出す。彼らはかなり自分のつくっているものを世に出そうとすることに精力的で、いつも刺激をうける。
好きなことに向き合い続けることは、悩ましくも楽しい。
[PR]

by stoneroses8010 | 2008-11-07 01:12 | photo


<< HD、ふっとぶ      アメリカ >>