確証はない。それを信じるしかない。

meetsall.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 25日

彼岸の芸術

携帯を修理に出し、パソコンが壊れ、今度は車から異音が。
修理かと思ったが、それは免れることができた。安心。
PCがなければ、スキャニングできないので、どうも手持ちぶさたになる。
暗室でプリントしてもいいのだが、大判引き延ばせないのではどうもおっくうになる。
なら、どうすればいいかと考えれば、来るべきときに備え、ギャラリー回ったり、撮るしかないというわけで。

和歌山県立近代美術館「彼岸の芸術」
ルドンやムンク、瀧口修造、具体までいろいろ。
まあ、要は、ここのコレクションを使って、私たちの日常(此岸)と彼岸をつなぐ窓のような存在となりうる美術作品をつうじて、なにかひとつ精神の高みにのぼったような、意味やら時間から場所やらが溶解した崇高さをもつ世界とコネクトするというコンセプトです。
マークロスコを座ってみることができ、その横の壁には杉本博司さんの写真が左右に3点ずつ。「海景」のシリーズと「シアター」のシリーズ。
この取り合わせが先ほどのコンセプトに最も通じるものがあったように思う。
なぜ、こんなに見入ってしまうのか。
なぜ、写っているもの、描かれているものが、単純なのに、すべてから解放されたような感覚をもつのだろうか。
それらには、目に見えないものが形になっている。

年末は東京に行ってみたいですね。
柴田敏雄さんが写美で。津田直さんも一度見てみたい。資生堂ギャラリーでやるようだ。段取りしようっと。
その前に12月上旬の今年最後の撮影(泊まりの)を行う。
[PR]

by stoneroses8010 | 2008-11-25 23:08 | arts全般


<< いまさらながらのアメリカ日記      gallerism >>