確証はない。それを信じるしかない。

meetsall.exblog.jp
ブログトップ
2008年 12月 31日

なんだかんだで2008年が終わる

*ピーター・ビエロブルツェスキの写真集を年始いきなり2冊買った。*それに影響され、夜をひたすら撮りまくった。*そのため、けーさつに怪しまれた。*5年ぶりにインフルエンザにかからず冬を過ごした。*朝焼けをよく見に行った。*勝又邦彦さんに作品をみてもらい、名刺交換した。*脳にしびれを感じたのでMRI検査を受けた。*展示でたいそうな金額を使った。*その展示で個展をやるならウチでとギャラリーから名刺をもらった。*プリンタを新調した。*やっぱりPX-5800すればよかったと思った。*5年使っていたPCがぶっこわれた。データも少し失ったので意気消沈*アメリカをロングドライブした。*グランドキャニオンの朝日は美しすぎた。*サンタフェにはもう一度行きたい。*「水曜どうでしょう」にひたすらハマった。*大泉洋は天才だと思った。*歯科に10年ぶりぐらいに通い、奥歯を抜かれるわ、変なところ削られるわ、えらい目にあった。*友人がギャラリストになった。*大学を卒業して以来の後輩と再会した。*その後輩と銀座で飲んで、不況の嵐がフリーランスフォトグラファーにも襲いかかっていることを知る。*ジョエル・マイヤウィッツの写真は美しかった。*阿蘇山にハマった。2か月で2回行った。*阿蘇のお陰で山に目覚めた*砂丘が気になり、鳥取に2回行った。*べガスのカジノで金をすり、べガスが嫌いになった。たぶん2度と行かない。*やっぱりプロセッサを買うと決意した。*6歳年下のホテルマンの友人がえらく老けていた。*エドガー・マーティンスの写真集に衝撃をうけた。*杉本博司さんと誕生日が同じだと知って、ちょっぴり嬉しい。*次作が形になり始めた。*自分の「カラープリント」がわかってきた。*ついでで撮っていたものがえらく友人たちに評判がいい。外から生まれるものもあると知る。*鈴木理策さんの風景の向き合い方に共感した。*肉を食べなくなった。*篤姫をよく見た。*ブラジルポップが身体になじむと気づいた。

なんとなく動きが鈍かった2008年でしたが、これまた、いろんな人と出会い、刺激をもらいました。ありがとうございます。
来年もよろしくお願いいたします。
[PR]

by stoneroses8010 | 2008-12-31 20:03 | 我思ふ


<< 津田直 ブラジル現代美術      野口里佳さんのレクチャ イメー... >>