2009年 04月 19日

いろいろ再確認

なんだか、うって代わって全く休めない日が続き、4月にこの土日、ようやく休めた。
(これって、なんとか法違反ちがう?)
このわずか、数週間の間で、ここでなにが自分に出来て、出来ないか(能力的にでなく、立場的に)がよくわかった。この分野はきれいごとでは済まない。
こういった場合、生き残ることを最優先にすべきであり、そのため、自分の信条があるとすればば、それを
貫き通すのもばかばかしいし、正直疲れる。
自分の主義や主張を通そうとする場合、それを解する者がいること、もしくは解する者を手元におくことがまず
必要であり、そうならない場合は、ある程度身をかわしながら、柔軟に対応するしかない。
でないと、自分がつぶれてしまう、マジで。

そんなことを思いながらも、自分にとっての最優先事項がなんなのかを改めて、再確認した。
そんな数週間でした。

体を休めないそんな時期でも、
18日に杉本博司展を国立国際で見る。
「sea scape」の展示会場は抜群によい。作品のサイズも思わず聴いてしまった。
化石とA級戦犯の顔写真、そして隕石をずっと見てたな。石ばっかだな。
でも、それらは、眺めてると太古の海や宇宙のことを想像してしまって、そういった時間の流れが視覚化されている
これらは、やはり一つの視覚芸術なんだと思ってしまう。

さらに、友人が個展をやっていたので、見に行く。
作品をコトバで伝えようとすることも、プレゼンのひとつとして重要なのですね。

19日は、伊吹山に登ってやった。やめられんなぁ。
白人男性が、上半身裸でテンガロンハットを被って登っていた。
頂上で13種類のソフトクリームが売られていた。
まったくもって面白い。

面白い世の中、やられてたまるか。
[PR]

by stoneroses8010 | 2009-04-19 22:36 | 我思ふ


<< ヤマ越えて、ヤマ登る      連絡 >>