確証はない。それを信じるしかない。

meetsall.exblog.jp
ブログトップ
2005年 06月 13日

ちょっとした苦慮

最近、情報を編集して文字にする作業に追われているので、客観性が作用しているのか、何かを造っているときの火のついたような感覚にならない。ストレスでもある。見る目は失いたくないので、資力、労力、体力の続く限りは身体を動かすことにしている。しかし、それと同時並行して、思考を重ね、手を動かして「造る」ことをしないと身体が劣化していくような感覚になる。時間の余裕がないため、気合入れて取り掛かることにならないのだが、デジタル一眼レフ導入で、写真においては時間短縮と効率性が見込めそう。「見るものは大抵見たんで、ぼちぼち自分のもの造ります」と大学時代に思い出せないが、誰かが言っていた。そうそう、この青っちょろい背伸びにも似た感覚だよ。これが必要。それほど時間は残されていない。
[PR]

by stoneroses8010 | 2005-06-13 20:26 | 我思ふ


<< TDC      マグナム >>