確証はない。それを信じるしかない。

meetsall.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 06日

ここ2週間

Blogを久々に更新。
仕事に時間的に追われてわけではないのですが、精神的にプレッシャーの日々が連続し、かつレポートと夏季に向けての研究の発表の詰めを、仕事終わりや休日にせっせと取り組んでおりましたら、かなり疲労困憊してしまった。
写真撮ってたり、何かしらのビジュアルを作製している時は、100時間も力入れれば、それなりのカタチが見えてきて、体力的なつらさに見舞われながらも半笑いをかみ締めて、まだまだ改善できるという上昇志向の充実感に取り込まれる絶頂の気分が味わえた。しかし、一つのことに細部にわたって深く取り組んでいく研究という作業は、少しの時間ではビジュアルとして形にならないので、自分の立ち位置見失いストレスが溜まることが多い。また、そういったことをイメージできていない現状に問題があるとわかっているので、さらに自己嫌悪という悪循環に陥る。
現在はある程度アウトラインが形作られてきたので、精神的な平静を保っていられるが、今度はやるべき作業量の多さに愕然としている。
サーベイリサーチの必要を作業を進めるたびに感じていたので、そのためのアンケートを作成し、ようやく近日中に発送というところまで漕ぎつけることが出来た。

一つのことに集中しすぎると今まで活動していたことが疎かになってしまうのはよくあること。自動車も一年も運転しなければ、カンを取り戻すのに時間がかかるわけだし、カンを取り戻したとしても、それは以前の自分に戻ったわけではない。
ここに継続することの大切さを痛感している。というわけで、自分にとって好きなことや楽しいことを、「仕事」や「趣味」にするのではなく、「離れられないもの」とすることを計画中。
生きるということは求め続けるということに等しい。

夏になると色々あるもので、私が計画したわけでないが、行かなければならない泊まりの遠出を今月2本抱えている。この手続きもそろそろ進めなければならない。
出費も当然増えるわけだが、自分への投資と思って割り切っている。何が回収できているかは今のところよくわからないが、人生も終盤となった時に「回収」が実感できているのだろうな。そうありたいと思う。
[PR]

by stoneroses8010 | 2005-08-06 23:44 | 我思ふ


<< 首位決戦      ヒトラー 最期の12日間 >>