確証はない。それを信じるしかない。

meetsall.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 03日

a note

c0017549_11293.jpg





夜中のカフェテラスで撮影したのですが、どうも自分は、人工的な光による被写体のグラデーションにマイッてしまうらしい。
あらゆる文脈から切り離した被写体。それがスマートに感じてしまう。
世の流れは、あいまいな雰囲気(かわいらしさ、スロー)を「生活」といった文脈に密着させることで作品として成立させている感じがする。
とすれば、私の写真はちょうど真逆にあるような気もする。
しかし、こういう写真もたまに見る。ただ真逆なだけではオリジナルという面で言えば、ダメなのだろうね、きっと。
[PR]

by stoneroses8010 | 2005-11-03 01:26 | photo


<< saw2      Untitled 02 >>