2006年 04月 28日

在るということ

院の授業で、パブリックアートによる経済性に関する授業があった。

(この授業は、まずある一つの問題定義があって、それに対する理想を掲げ、それに対して、どうアプローチするかということを、経済学を吟味しながら一つの結論に達するところに特徴がある。ただし、それが文化や芸術を扱っているにもかかわらず、論文めいた直線的な見解がどうかとたまに思うが、それは一つの意見として拝聴し、それに対する賛成や反対論を私の頭の中で巡らせるにはちょうどいい材料を提示してくれていると好意的に考える)

さて、このパブリックアートに関することだが、それには、パブリックアートがある地域への外部性としては3つあるとのこと。
○地域への愛着心、アイデンティティの回帰、
○アート設置にかかる経済効果(芸術家、事務スタッフの雇用、観光産業の活性化
○地域住民への教育効果(触れる機会の提示)

しかし、そういったポジティブな外部性だけでなく、ネガティブな外部性もある
○企画、選定、設置段階における方針の不明確さ、住民参加のプロセス、対話のなさ、作品への不理解などから生じる「公害」

また、家計消費モデルによる芸術消費として、以下のように述べる
住民が芸術サービス消費者として考える場合、パブリックアートを公共財とするには、住民のアートに対する享受能力を高める必要があって、その能力があり、初めて、芸術と認知されうる。それがない場合は、価値の押し付けにすぎないとのこと。

私は、経済学的なアプローチを拝聴していて、批判する云々よりも、他のことを考えていた。(パブクックアートが抱えている現状を理解したうえで、無責任に語っていきます)
それはパブリックアートがそこにあるということである。
南條史生は、パブリックアートについて、芸術は社会や都市とは異なった独自の歴史的、文化的文脈を持っていて、それが、社会や都市に作品を置いた時に、生じる記号的価値の顕在化に意味があるといっている。
また、パブリックアートには、その設置地域の文化的歴史的な経緯に基づいたサイトシペシフィックな作品が提示されることが多い。
つまり、作品が、設置される空間と密接な関係性を持っており、それがそこに「在る」ということに価値があるということである。
この「在る」ということは、重要なポイントで、たとえば、ホワイトキューブないれものに作品が一つあるということでも、その空間に何らかの意味を持たせる。モノがその空間をある波動で振動させているのである。ただ、その波動は作品から発するものだけでなく、その空間によってもたらされるものでもある。

確か、エリナ・プロテへスという写真家は、「the new painting」というシリーズで、自らの身体を部屋に存在させ、空間と身体の影響関係を表現していた。それは自らの部屋でもあり、自然でもあり、また、自分は裸でもあり、衣服着用でもありと。ここでも「在る」ということの波動がどういったことなのかが考えられていたように思う。

そうすると、パブリックアートは、経済性という観点もあるし、作品自体が、そこに存在することで、意味を成す記号的価値を生み出すことができるが、それだけでなく、パブリックアート独自のその作品が「在る」こと自体に、周りに波動を与え、またその反響を受ける空間の「たわみ」みたいなのがあるんじゃないだろうか。と考えたりもする。

それがいかなるものかということはわからないが、(見るだけでわかるような代物でもなさそうだが)、長野重一が、三島由紀夫の割腹自殺の事件で、朝日新聞の、亡き三島氏の首を含めた全体風景を移した写真を見て、「不確かな確かさ」を感じたと言っていたように、私もパブリックアートが在るということ自体にその風景から生じる不確かな確かさを感じてしまう。
(すべてがそうであるということではないのはいうまでもなく)
[PR]

by stoneroses8010 | 2006-04-28 03:14 | 我思ふ


<< 写真的動向を二つほど      子供 >>