2006年 11月 27日

ちょっとしたモノローグ

自分のやりたいことがなんだったのかわからくなるときがある。
はっきりとビジョンが見えていた筈なのに、あれ?あれれ?とボタンを掛け違えたかのように、それは原型を留めず崩れ去っていくのだ。
一つだけを突き詰め、他を切り捨てるような選択や姿勢がなかなかとれず、「情」に任せ、「熟考」をショートカットしてしまうので、どれも中途半端な結果しか残らない。
プロセス重視だった謙虚とも取れる姿勢は、やはり結果が伴わないと不安になる。
一体なんだったのかと不安になるのである。なら「結果」とは何なのか、それすら明確にならないときもある。

だれかがこうした、ああしているというストーリを耳にしたとき、自然に沸き起こる自分の感情や反応が、なんだか最近妙にリアルであり、それが自分のやりたかったことをクリアにしてくれているような気もする。

最近一つわかったのは、自分はあと1キロ以上泳がなければならないのに、行けるところまで、息継ぎなしでとにかく早く到達してやろうというタイプらしく、上手に息抜きしながら、最終のゴールに向かえないのである。
いや、そもそもゴールなどなく、死ぬ寸前に、ああ、ここまで来たのかと回顧するのが、人生の作法なのかもしれない。そうなると早さなどあまり意味は無く、どこまで遠くまでいけるかがポイントとなる。
あいにく、便利な方位磁針はもってないので、自分の向いている方向がbetterであると祈るほか今は手立てが無い。
[PR]

by stoneroses8010 | 2006-11-27 20:34 | 我思ふ


<< 復帰(せねばならない)      It is nothing b... >>