確証はない。それを信じるしかない。

meetsall.exblog.jp
ブログトップ
2006年 12月 30日

忘年会

年末は忘年会が続く。職場の関連一つと、友人たち。
職場の忘年会はともかく(まあ、それはそれで、ハラ割って話せる後輩がいるので楽しめたが)、昨日の忘年会は、独演会状態となってしまった(Sたち、ごめん)

なぜ、そういったことになったのかというと、芸術に全く興味がない友人が、芸術の「価値」のつけ方がわからない。そもそも「アート」なるものがよくわからない。という、「アート」に対する一般的懐疑でありながらも、こういったことは自分でも常に考えておきたい事柄だった。
私は、「アート」は何かということを定義することは、ほぼナンセンスか不可能なものと思っていること。そして、「芸術」と考えてきた西洋美術史観、(主にヘーゲル)デュシャンの意味、ディッキー、ダントーの理論など酒と舌がまわるままに話したような気がする。
こういう話は望むところ。いまの写真のクラスは、刺激にはなっても、こういった話ができる、深く入り込もうと考えている人が少ない。もっと知りたいと思う。
[PR]

by stoneroses8010 | 2006-12-30 18:36 | その他


<< 完成?      さて、どうしたものか。 >>