確証はない。それを信じるしかない。

meetsall.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 16日

飲 写

金曜日。早く切り上げて、数少ない気の許せる仕事関連の友人と飲みに行く。
飲みの席では、大人数で一つの話題を皆で話すよりも、サシ飲みに近い人数で、腹割って話す方が面白い。前者には前者のなんとも言えん面白さがあるが。
旅行の話、(台湾で私が味わった経験を友人もしてきたとか!すげぇ)シゴトの話、人生観などなど。

土曜。
月曜にmioに搬入するための写真を工房から引き上げる。雨が強いが今日しかない。
家に帰って、提出が近いレポートを2,3時間こなし、日曜に写真のクラスにもっていく途中経過をプリントする。その後、mioに提出する書類を作成。気がつくと日付が変わっている。
人に会って話したわけでもないのに、バタバタして、酷く疲れた。

日曜。
写真のクラスへ。
午前中は、QE45のWS。モノクロームの大型引き延ばし機のレクチャ。
私は自宅で、69のフォーマットで小全紙までプリントできる状態ではあるので、とくに目新しいことはなし。ただQE45の使い方が理解できたのは、よかった。
ああいうの見ているとモノクロででかく引き延ばしたくなる。ケンナ風の写真で。

午後は、グループ展の打ち合わせと作成の途中経過を講師に報告。
「君の考えややろうとしていることは、面白いけど、これでは伝わらない」といわれる。
半分そうかもなと今のシリーズでは思っていたのだが、3ヶ月近くやってきたことが、ほぼ無に帰した状態なので、すこし放心。が、その後、講師と今後の対策をディスカッション。まあ、やることはなんとなく見えた。
クラスの友人と話。彼や写真やら映像やら音楽やら非常に造詣が深く、話を聴くのが面白い。大学の後輩にもそういうタイプがいたけど、引き出しが多いなぁと感心する。
イメージの話をする。彼は事前のイメージは信用しないと言う。出来上がりを受け入れ自分でも想像しない結果を受け入れるということだ。確かにそのほうが、自分のイメージをさらに超えることができるのかもと思えた。
神戸ビエンナーレってどうなの?という話。
写真のコンペもあるけど、コンテナのなかに展示で、一人80cm四方以下のスペースって、ちょっと、そりゃないよと思う。

クラスメートと飲み。駅前第3ビルにガクトのおばと自称する占い師がいるらしい。
おもしろ。でも、みんなよく男女問わず占い行ってるんだなぁと思った。
楽しく飲む。

月曜。
朝早くからおきて、mioへもって行く書類の作成の続きと、レイアウトを考える。
と、ここで、トラブル。今回注文したパネルと事前に用意したパネルの寸法が微妙に合わない。レイアウトを思案し、点数をセレクトし直す。かなり苦心した。
午後から、mioへ。雨も降り出す。ブックでの持ち込みが多い様子。私はもういつでも展示OKの状態で搬入。
帰って、レポートの続きを完成させる。
そして、ここでようやく家事全般に取り掛かる。もう日が暮れかけている。
河瀬直美の「殯の森」が観たい。
[PR]

by stoneroses8010 | 2007-07-16 23:11 | photo


<< 振り返れば、虚弱体質      関東 図鑑に載ってない虫 ボル... >>