確証はない。それを信じるしかない。

meetsall.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 22日

関東 鈴木理策 などなど

Blogを更新し続けることって結構、気力、体力がいるもんだなと思う今日この頃。いや、自己管理がなっているんだろうな。

10月中旬は、関東へ。写美でやっていた鈴木理策の「熊野 雪 桜」展を観る。
展示構成、作品、点数ともに申し分ない。複数の友人や竹内さんからよかったよと聴いていたが、まさしくその通り!
部屋は、前半は暗い部屋の「熊野」を通り抜け、後半に真っ白な部屋の「雪」「桜」へと続く。雪の白い表情には、白の無限の表現性を感じ、桜のクセを感じさせない前ボケと突き抜けるような空の青さには、なにかその空間に包まれているように思わせる。
「熊野」の火のシリーズは、展示構成の妙もあってか、そこにうごめく火と人が立体的に見える。

エプサイトでは、石塚元太良が展示をやっていたので観に行ったが、これは彼の意思だったのか、エプソンとのタイアップでこうなったのかわからないけど、なんだか拍子抜けした。彼の「WWWWW」という写真集は、若手とされる写真家のなかでも、かなり抜けていて衝撃を受けてただけになんだか。

森美術館では、友人が作品を出していたので、それも見ておく。帰り際にその友人とばったり。人連れだったので、ほとんど話せず。数時間後に電話で少し話した。

関東旅行の後半はもっぱら撮影。でも天気がすぐれない。が気力を振り絞って2日間撮り倒した。帰って現像、プリントしたら使えるものが多少あるかないかと言う程度。まあ、そんなもの。

先週は、知り合いの方のギャラリーがOPENだったので、手土産持参で、夜参加。オープニングは金村修というのだから、スゴイとしか言いようがない。しかも、夜にトークだなんてなんと贅沢な計らい。雨のなかギャラリーにシゴト終わりに向かうと、当然人は一杯。
金村さんのいい意味での脱力系のトークで場が和む。以前から彼のインタビューやらに目を通したことがあったから、別段目新しいことはなかった。写真のクラスの面々もチラホラ参加していて、手伝いをしている人もいた。その後は、皆入り乱れてギャラリーでパーティ。久々に会った人もいて楽しめた。特に私と同年代の友人がいて、来月個展をやるので来て欲しいという。彼の写真を観るのはスゴイ楽しみ。いろいろ話したなぁ。
(私も負けてられんのだけどね。)

最近は、夜になるとかなり冷え込む。夜撮るのも、あと1ヶ月で限界かもね。
[PR]

by stoneroses8010 | 2007-10-22 00:04 | photo


<< 講師から教諭      胃カメラ 鈴木理策 >>