2008年 04月 13日

プロセッサが遠のく

写真クラスのパーティ。
映像クラスのコンペ受賞作品などを観たり、自分の作品のプレゼンをしたり。

作品のプレゼンにも慣れてきたもので、どのような時間を与えられても対応できるようになってきた。指導していただいている写真家の方からは、とてもわかりやすかったとのお言葉。
お世話になりました。

その後の、飲みでは、仲間の一人が、ついにカラープリントを自宅で出来るようにすべて買ったとのこと。聴けば、プロセッサを作っているラッキーはケンコーに吸収されたらしく、いまや、カラー引き延ばし機、プロセッサは値段が2,3倍になっているらしい!
要するに、欲しけりゃ作って売ってやるという商売。ぐう。

銀塩。なくなることはないと思うけど、印画紙の販売が中止になることも多く(コダックのエンディラも中止になるとか…)、行く先が不安。
杉本博司さんは、イルフォードが印画紙生産をやめないように、生産ラインを止めずに済む印画紙の量をイルフォードから買っているらしい。

翌日、知り合いのギャラリストの方のギャラリーに、顔見せがてら行ってみる。
そこでは、写真の展示が当然のようにやっていたのだが、興味深かった。
人間の視覚、こう見えるということをいろんな工夫で見せているようなもの。
色、ぼけ、フォーカスがボケていく連続写真。これはこれで、この人にとっての見え方なんだろう。身体感覚。展示の構成が上手く、単体で見せる方法、三枚連続で映像を見ているかのように見せる方法など、よく展示を勉強していると思った。
映像、絵画、写真それらを写真でありながら分けて展示している感じ。
[PR]

by stoneroses8010 | 2008-04-13 16:43 | photo


<< 見るということ      Joel Meyerowitz! >>