カテゴリ:その他( 69 )


2006年 12月 25日

続けること

「のだめカンタービレ」が終わってしまった。見終わったあと、いつも考えてしまうなぁ。
続けることの難しさとその意味、人と関わることで変化する自分、それを支える人、刺激しあう人。自分の好きなことに対して、どうあればよいかということ。

私は大学から写真を始めているのだが、その時のクラブの人たちは、プロになるか、辞めてしまったかのどちらかだ。私よりもずっと上手かった人たちばかりだった。が、今、「表現」をしようとしている人は知る限りいない。が、私は続けている。すくなくとも「表現」しようと企んでいる。その意味をずっと考えていた。私は続けている人を今年求めた。それはそれで、時間をとるのに往生しているけど、正解だったと思う。もっと、自分がいろんな人と関わっていこうとすれば、自分の「しょぼさ」もいやというほどわかってくるし、見えてくるものもある。見てくれる人もでてくると思う。そういうことで続けている。
[PR]

by stoneroses8010 | 2006-12-25 23:41 | その他
2006年 12月 21日

ひどく疲れた

論文第一稿送信。担当教官から来週早々にも返事の予定。ちょっと文字数オーバーしているので、微調整が必要。

今日は、某お偉い人と同期とでミーティング。
なぜ、この業種って、こうもビジョンやら野心やらがない人が多いのだろう。
エッセイ風に自分の経験述べたあと、「いずれはこうなれたらいいなぁ」じゃなく、経験からの課題を明確にし、「こうしたい、すべき」を主張しろよと思う。
あとで、同期になにを頑張りすぎているの?みたいなことを言われた。
力の入れ方がちがうのかな?なんだかよくわからない。
少し絶望的な気分になった。ひどく疲れた。
[PR]

by stoneroses8010 | 2006-12-21 20:20 | その他
2006年 12月 16日

身体の拘束性

金曜まで、論文にとりかかり、今日は写真を撮る。
1月にまた、ある程度のものを見せないとならないのだけど、それまでに撮りに行く機会が今日入れて、4回しかないことに気づいた。しかも、それは論文がうまくいったらの話である。
というわけで、朝から用事を済ませ、日中は写真。夜からは前の職場で私が担当していたボランティアの主催事業があるので顔みせ&差し入れ。

子どもたちがグループになって、施設の各ポイントを周るというゲームがあった。
リーダーが先頭になって、グループの子どもたちを誘導するのだが、それがゴムひもを使い、列車をイメージさせるような一列縦隊になって進むものだった。(昔やったなぁと思いながら)
しかし、これは身体を拘束しながらも、皆が行動をある程度シンクロさせないと先に進めない身体の同一性を強調するものと気づいた。
道も暗いし、子どもたちの年齢も小学校3,4年ということもあったので、ゲーム中どこに行くのかもわからない。ペースもまちまちになるのが、普通だし、飽きる子どもも出てくる。しかし、この工夫により皆がゲームや行動に集中し、しかも互いに声かけながら、協力し合うようになっていたように思う。
また、ゲームの中でも、皆で、身体をつなぎ合わせて、トータルで腕3本、足4本というものをつくるゲームが盛り込まれるなど、身体をある程度拘束しながら、協力に自発的に導く工夫があったりした。
これってそうした「身体」を意識したものなのか。聴くのをわすれてしまったが、とにかく少し感心した。
また、美術やPCが得意な人はその分野で自分の能力が活かせるような活動になっており、そういった能力の発揮の場と楽しみがリンクしているような気もした。このへんは私の研究テーマと少しだが似ている。

あと、現役だけでなく、私が担当していた時のOG,OB連中が続々参戦。積もる話あり、ようしゃべって長居してしまった。
前の職場の経験は本当によいものだったと思う。働きながら「友人」ができたのだから。(それにひきかえ今は…いや、いうまいて)
[PR]

by stoneroses8010 | 2006-12-16 23:32 | その他
2006年 12月 01日

復帰(せねばならない)

ようやく、研究を脇においてでも、進めていかなければならないとが一段落ついたので、再び研究に戻る。というよりもそろそろラストスパートかけないと非常にマズイ。
中間発表が終わってからは、貯金があると悠長に構えていたのだが、ここまで来るとほぼ崖っぷちに近い。でも、間に合わせなければね。

一昨日に前の職場の後輩(いうなれば、私の後継者)に合い、2人で4時間ほど飲んで話した。今の職場を取り巻くこと、今後のこと、理想など。私は、仕事においても、コドモじゃないから明らさまではないが、それなりのスタンスは行動で示す人間なので、気に入らない人も多いだろうが、わかってくれる人もいる。後輩もその一人である。

話し変わって、スキャナを更新した。ブローニーをスキャンできるものが必要だったので、エプソンのGT-X900を購入。まだ機能はすべてわかったわけではないので、なんとも言えないが、まあ、個人用なので、いくら6800dpiとはいえドラムスキャナほど性能は期待していない。いくらデジカメ全盛とはいえ、フィルムにはいまだ適わない。

あと、某お偉い方に手紙を書かないといけないので、執筆中。
[PR]

by stoneroses8010 | 2006-12-01 00:47 | その他
2006年 10月 06日

思いもしないところで誰かと飲めるからおもしろい。

日中は仕事。朝からものすごい大雨と風でホテルを出て、15秒で傘が粉々に砕け散る。
ここまで来るとかなり疲労していたが、この日の夜は大学時代の後輩と飲む約束になっていたので、出かける。後輩はこの日残業しないために、朝早く出勤して、早めに仕事を切り上げてくれたのだそうだ。感謝感謝。

いろいろ話をする。その後輩は英語ができるので、どうやったらマスターできるのかとか、仕事でチームとしてやっていくことの方法とか。
後者については、私もそういう立場であったことがあるので、それとなくアドバイスする。
チームで仕事をする場合は、リーダーは最悪のことを想定して、計っておかなければならない。他の人に仕事を任せていても、できなかった場合、自分がこのタイミングで入って、こうフォローすればいいとかを想定しておく。自分でやったほうが早いことも多いだろうが、チームでやるということは、他のメンバーに当事者意識を持たせることが必要になってくる。そのためのモチベーションを維持させることと、そして、それに対するリーダーとしての自分の言動はどうあるべきかなど。
彼女はちょっと悩んでいたみたいなので、(偉そうに)自分の経験も含めて話した。

それにして、大学時代に、東京でこうした形で飲むなんて思いもしなかった。人生はおもしろいもんだなぁと思ったりした。
[PR]

by stoneroses8010 | 2006-10-06 23:49 | その他
2006年 10月 01日

rain wedding

今日は私の前の職場の後輩の結婚式だった。私が出て行く際に、私の仕事を引き継いでもらった。いってみれば弟のような存在。

結構あれやこれやと式自体、手が込んでいて、間のない飽きさせないような工夫があったけど、なんだか忙しい。半分以上の人が新郎新婦と話しできてないんじゃないか。私もあまり話できなかった。

デジカメでスタッフの人に撮影頼んだのはいいが、すべてピントがずれていた。
他の人に頼んでもずれていた。
私は普通に撮影できるのに、なぜ?コンパクトデジカメは買い換えた方がいいのかな。4年以上も前のものだし。

ともあれ、お幸せに!
[PR]

by stoneroses8010 | 2006-10-01 23:41 | その他
2006年 06月 11日

W杯がはじまってしまっては

blogの更新が滞ってしまっている。
いろいろ見たり、聴いたり、学んだり、撮ったりしてるもののblog更新までおっつかない。
おまけにW杯まで始まってしまっては...。

アルゼンチンvsコートジボアールは面白かった。
メッシがはやく出てきてほしいところ。

イングランド。
贔屓のチームだが、エリクソンの采配があまり好みでない。

C.ロナウドがはやく見たい。
[PR]

by stoneroses8010 | 2006-06-11 23:07 | その他
2006年 05月 06日

ここ2日の発見

ここ2日の色々。

職場の先輩の家にご飯をご馳走になるためにお呼ばれしていたので、現地へ向かう。
ご夫婦は食事の準備や掃除などをしていたため、私がそこの子どもたちといっしょに遊ぶ。
ちょっとした消失手品をしてあげたら、子どもたちはもうびっくり。
「あれー」といいながら、首をかしげる。
そして、私の真似をして、モノを消そうと必死でがんばる。
そんな姿を見ながら子どもっておもしろいなあと思ったり。

翌日
1年半(?)ぶりに友人にあって食事。
ともに院生という立場も会って、研究の話、プライベートな話、今後の話と、とにかく意義深く楽しい数時間だった。
会話するということは、自分でも思ってみなかったことが口から出てきて、「自分はこう考えていたのか」と驚く。それは会話の相手によるだろうし、関係性にもよる。かなり自分を深くえぐって話したような気がする。
考えたことを口に出して言う作業も否定しないが、面白みがない。

また、ある事象や出来事、事例に関して、その歴史的文化的文脈を加味せず、事例を直線的に見て一般論、抽象的な理論を当てはめることの危険性はどの分野でも同じなんだなぁと再認識。
[PR]

by stoneroses8010 | 2006-05-06 16:34 | その他
2006年 02月 18日

どんな音楽を聴いていますか。

昼。片道1時間半かけて、先日「印鑑なし」のために受理されなかった修論仮題目を提出しに行く。メール、郵送不可で本人が直接に提出しなければならないというシロモノ。なぜ不可なのか、なぜ印鑑なのか理由が全く私には理解できない。

その後、街に繰り出し2時間ほど写真を撮る。
途中apple storeに寄る。今度発売のMac Book Proの説明を受ける。Intel搭載でメモリが1G、ハードが100G。重さをもう少しなんとかしてほしいところ。

c0017549_0293583.jpg夜、よく行く店で大学時代の先輩達と飲む。そこでカメラを落としてしまい、ボディが少し欠けてしまいショックを受ける。
誕生日が近いというと、見た目はお好み焼きの形をしたケーキを出してくれる。誕生日とケーキがセットになる状況はもう十年以上なかった経験だった。
店の人とお互いどんな音楽を聴いているか、聴いてきたかを話す。こんな曲いいですよと名前の知らないバンドを教えてもらったり。
人がどんな音楽を好んで聴いているかは常に興味がある。その人がどういった文化に触れてきたかという想像が膨らむからだ。
[PR]

by stoneroses8010 | 2006-02-18 23:17 | その他
2005年 12月 30日

フィルム現像とその他

午前中から溜まりに溜まっていたフィルムの現像に励む。
ブローニーフィルムも含まれていたので時間が予想通りかかってしまう。35mmなら2本同時現像が可能なのだが、所有している現像タンクの構造上、ブローニーフィルムは1本ずつの現像が限界。フィルム現像は何年やっても面白みがないと感じる。ラボに出すとコスト高なので、自分でやらざるを得ない。

昨日の店で、気持ちいいBGMがかかっていたので、誰の曲かと店の人に訊ねると、Stacie Orrico ですよとのこと。そのときは、何か違うような気もするんだけどと思いはしたが、酔っていたので納得してしまう。今日、ネットで検索してみたが、やはり違っていた。Norah Jonesかと思い調べなおしたがやはり違う。なんだったのだろうか。
車のエンジンオイルをこの休暇の間になんとかしておこうと思い、オートバックスに出掛けるが、50分待ちという。年の瀬の忙しい時にそんなに待てるかと思い、諦めて必要なものを2,3買出ししていったん帰宅。

夜から梅田で今年最後の忘年会があったので、早めに繰り出して、スタバにて、研究資料に目を通しておく。
[PR]

by stoneroses8010 | 2005-12-30 23:49 | その他