<   2007年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2007年 02月 26日

平日の崩れを土日に立て直す

今週の平日は、どうも飲みが続き、うまく時間が取れない。

そんな状態を立て直して、土日へ。
土曜は作品がほぼ上がったとのことなので、それを引き取りにいき、最終確認をする。
今、プリント、仕上げを頼んでいる工房は、本当に良い。少数ながら、仕事が的確。こちらの意図を十分に言葉にしなくても伝わっているような感覚になる。
聞くところによると、某大手ラボの名プリンターを集めた工房らしい。よほどのことが無い限り教えないようにしようっと。
その後に、作品ファイルを仕上げる。一方で、日曜は、写真とは全く関係がないんだけど、別件で、大事な面談があるので、その準備をして夜が更ける。

日曜。
午前中は、昨日準備していた面談に望む。詳しくは書かないが、今日お会いした人は、ミュージアムとは全く無関係だと思っていたのに、昔は、ミュージアム関連の仕事をしていた。そこらのマネジメントの研究者より第一線に近いよと言われ、ちょっと意外だった。
午後からは、レンズを一本修理に出していたので、それを引き取る。次の土曜は知人の結婚式なのだ。

いったん帰宅した後、写真のクラスへ、最終の方向性の報告をしに行き、搬入の段取りを教えてもらう。ただ、今回は自分のスペースが予想よりも広く与えられないと聴き、そんなこと直前に言われてもなあ、と落胆する。
その後、クラスの友人と来年度の方向性やら話す。
その友人は、来年は本格的に芸大に進学するようだ。
[PR]

by stoneroses8010 | 2007-02-26 00:57 | photo
2007年 02月 21日

作業もろもろ

昨日、今日と引き続いて、展示作品の最終調整。プリントの仕上がりをチェックし、展示形態の指示を工房に出す。文章にすればなんてことないのですが、これが、移動時間が長く、デカイ荷物持ち運びなので、結構体にキツイ。が、ここまでくれば、あとは仕上がったものを搬入するだけとなった。なんとかなるもんやね。

さらに、展示に関するファイルとか、頼まれているCDのラベルを作ったりする作業がある。院で論文集をCD化するというので、その修正も今からしなくてはならない。
こうして2月が終わっていくんだろうなぁ。
あー、ちょっと遠くへ一人で行きたい。
[PR]

by stoneroses8010 | 2007-02-21 01:26 | photo
2007年 02月 17日

ネガ持っていき、朧の森に棲む鬼 Joel Sternfeld

シゴト関連で残業の日が続いた週だった。
それでも、仕上げのために工房にネガを持っていき色々打ち合わせして、そして、提出する現代美術展の企画への提言なんかを書く。

木曜は、劇団新感線の『朧の森に棲む鬼』を観る。
森の精霊(?)命と王座の契約を交わした一人の男が、舌先と剣の腕だけで、人を欺き陥れ王に成り上がる。しかし、最後は、欺かれ、命からがら生き延びたその男の弟分と部下だった兄妹に打ちのめされ、落ち武者狩りに合うという話。
前に観た「メタルマクベス」を日本戦国調にした話に感じた。花道を使ったり、舞台に水流したり、雨降らせたり凝っていると思いつつも(そういえば、ブロードウェイでは火が吹いていたな)、話の中の驚きが少なかったな。

その帰りに心斎橋のアセンスに寄って、写真集を物色。Joel Sternfeldの写真集を買うか買うまいか15分苦しんだが、結局辞める。
「奈良美智+graf AtoZ」が、今度ドキュメンタリ映画になるらしい。観なければ。
[PR]

by stoneroses8010 | 2007-02-17 11:42 | arts全般
2007年 02月 11日

作品見てもらうまでに「幸せのちから」を観ながら待つ

昨日は、口頭試問後の打ち上げに参加し、とりあえず飲む。ひとまず修了できそうやね。
担当教授は、今年度で退官なので、私が最後に指導していただいた学生となる。来年度以降に向けてのアドバイスやら書類作成やらいろいろ骨を折っていただいた。感謝感激。
思った以上に私の周辺の方とお知り合いなので、「またいろいろと言っておく」と意味深な発言もあったり。

今日。
今日は写真のクラスに作品の最終形態のプレゼンをしに行く。無論見てもらうのは私だけじゃない。現地に着くとえらく待たされそう雰囲気だったので、クラスメイトと順番が周ってくるまで映画を観に行く。

クラスメイトが観たいといっていた「幸せのちから」。
最初から中盤にかけて、結構貧乏話や宿無し話がいろいろ続き、最後に見習いで研修を受けていた金融商品のブローカーに正式採用されるというお話。正直良いも悪いも無いのだが、シゴトしていくには、ハッタリ使ってでも人心つかむ機転を持つことと、そのハッタリを本当に変えるようなバイタリティと行動力が必要なのかもねと思った。
捨て身の努力も重要。

で、そんな映画の話も半分忘れながら、戻るとちょうどいいタイミングで作品を見てもらえそうな時間になっていた。
ギャラリストに、かなり周到に作品コンセプトから並べ方に至るまで、つきつめて考え撮ってきたものを提示したのだが、最初のプレゼンがよかったのかあまり突っ込まれなかった。ただ展示空間の関係で並べる構成を替えてもらうかもしれないという。あまり譲りたくないところなのだが、その話はまた今度だなぁ。

帰りにクラスメイトと食事しながら色々話す。
フリードランダーに心酔している様子。MOMAが出したデカイ写真集も持っているとのこと。
[PR]

by stoneroses8010 | 2007-02-11 23:59 | photo
2007年 02月 09日

プリント

論文の口頭試問が終わった。
副査の教授から、結構スルドイ質問をされる。いい点も悪い点もクリアに指摘され、持ち時間があっという間に過ぎた。それにしても、文章力は課題だな。

急いで、プリントをお願いしていた工房に向かって、プリントの調子を見る。店の人は、赤みを落として、「2枚焼いてみたのだがね」と見せてくれる。私としては、できる限りフラットに仕上げて欲しかったので、より赤みがないほうが(作品の意図として)合ってますねと言い、プリントされた紙を見ると、んっ?紙質(光沢と半光沢の違い)が違う。「これは、赤みをより多くとるために紙をかえたのですか」と聞くと、その人は、「あーっ!気づかなかったー、すいません、プリントしなおしますわ~」と言う。私は光沢なしの赤みなしを指定したのだが、赤みをより押えていたほうを光沢で焼いていたのだ。

これには思わず笑ってしまい、日曜に人に見せなきゃならず、時間もなかったところから、「いやいや、半光沢のほうをもらいます」と引き取る。その後は、今後の予定と段取りを伝え、またお願いしますと依頼する。雑談もいろいろしたのだが、本当に写真が好きということが滲み出てる職人のような人だった。
[PR]

by stoneroses8010 | 2007-02-09 23:39 | photo
2007年 02月 08日

居城純子 ユメ十夜 現代美術展の役割 時効警察にUKrock

 いろいろ片付けながらも、blog更新できない日々が続いた。まだ片付けなければならないことが差し迫っているんだけど、ちょっと一服。
時間の合間を縫って、観てきたものの雑感と感じたこと、気づいたこと。


大阪府立現代美術センター 居城純子「入れ子の庭」
アメリカで居城が出会ったとされる壮大な風景を巨大なキャンバスに描いているのだが、画面の一部はところどころ剥がされている。その剥がされた一部は、床に無造作に敷かれ、その風景に存在していたであろう動物、人間の小さなフィギュアがその上で様々な営みを行なっている。それを観ている人間は、床に座ってみるという手法。
その視点からの世界は、通常、風景を目の当たりにしたときに去来する壮大さやパノラミックなイメージを感じさせる。一方で、キャンバスにある風景は、一部が「不在」の状態は、風景の壮大さというイメージのままでは済まされないその風景の見えているものの奥に存在していた空気を感じさせるようだった。時間を忘れたいい展示だった。
限定で、彼女のこれまでの作品のカードや作品の一部などが入った黒い封筒がもらえる。ナンバーがふられていて2000部限定らしい。内容が面白かったんでもらってきた。
(黒い封筒というセンスもいい)

「ユメ十夜」
夏目漱石の小説の映画化(らしい)。オムニバスで10人の監督がそれぞれの「ユメ」を担当する。シリアス、コメディ入り混じっている。面白かったのは、「第五夜」の豊島圭介が監督で市川実日子が出演していたもの。過去の後ろめたいものがある妻が今のダンナにそれを見られまいと、今にもその事実に触れようと(なぜか)森を徘徊しているダンナを止めるために、草原を馬で駆け抜けるというもの。それを止めようとする化け物がいるのだが、それは実は過去の自分だとわかる。結局ダンナは、その事実を見てしまうのだが、それを許容する。実は、そのダンナにも自分の「化け物」がついていたのだから。という話。
まあ、これが劇画チックなところもあり、グロテスクなところもあり、夫婦の間の関係の複雑さも感じさせ、短時間で楽しめた。
あと、西川美和が監督だった「第九夜」。戦争に行って、表はお国のためと息巻いているダンナは、実は現地でハメはずして、遊びほうけ、それを見送る妻は、健気にも無事帰ってくるようお百度まで踏んで祈るという話。これも夫婦だな。
あと、松尾スズキのコメディやらあったけど、市川昆のサイレント映画はいいとして、他は半分寝てたぐらい。

近現代美術館でのミュージアムの理念ってなんだろうと考える。というか、近日中にひとつの形にしないとならないから考えているのだけど。
地域博物館などでは、地域の課題解決や情報センター的な役割、さらには文化掘り起し、利用者主体でマネジメントすることなど様々な視点からのアプローチがあるけど、「近現代」で「美術館」での今日的役割って何だろうと思う。いろいろ調べているのだけど、とある現場の人が書いていた「新奇性」を「確立」に変えて行くことという役割に少し興味を持つ。つまり、現代美術はフォーマリズムの文脈だけでなく、すでに多数に分かれた文脈から成り立っており、「芸術」とカテゴライズされていたものは「アート」というように、幅広く表現を括られつつある。そうしたなかでは、「新奇」とされる表現も平面に限らず、映像、CG、工芸、彫刻と手段限らず、無限に広がっていく。そこで、ミュージアムは、それが創出された文脈を押えつつ、新たな解釈を与え、現代の一つの「確立」として提示するというものである。
そこに社会の見えなくされられている構造や抱えている問題の提起を、現代美術の表現を通じて、可視化されたものを施設のメッセージとして観ている人に伝えようとすることじゃないかなぁと思ったりする。

「写真」
3月に展示があるので、それに向けて、引き伸ばしにかかっている。といっても、良心的な工房があるので、カラーをそこに任せている。値段もリーズナブル。しかも、こちらと対話して、ちゃんと要望を聴いてくれる。2月中旬までにセレクト完了で、3月までに仕上げる予定。

「ドラマ」
「時効警察」というテレビドラマがあった。お気に入りだったのだが、その続編を4月からやってくれるらしい。楽しみ。

Ipodの中にある楽曲はジャンル雑多なのだが、最も多いのはUKロックだと気づく。ロックは好きなジャンルで、特にUKは70年代の曲でも全然古さがなくよい。よって、UKフォルダを作ってそれを最近聞く。Bloc partyを好んで聞いていたのだが、最近出たセカンドがいまいちだった。
[PR]

by stoneroses8010 | 2007-02-08 00:04 | その他