<   2009年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2009年 11月 29日

実感

一番困る質問がこれ。
「今、何を撮っているの?」
対象を決めて撮っているわけじゃないし、写っているモノに対しての情報を語るとするならば、それはすべてじゃない。
いうならば、それ全体の出来事を撮っているとしか言えない。

見ている人が、「いや、それは○○じゃん」と言えば、その人がそう見えているだけ。
マークロスコの絵画が、色彩とボケにしか見えていないことと同じ。

発火点は実感。
日本は多神教で、太古にそれぞれの物質に神を感じ取り、崇める。
神の声を聞いたという人間は、権力を持ち、世界を作ったんだが、
その口火の元になったのは、物質、生命からの実感。

夜におびえ、日が昇ることに感謝し、獣と争い、巨木に慄き、神が宿ると信じる。
それは、世界と向き合った実感から始まる。

それが壁画から始まる絵となり、文字が発明され、詩、歌とつながっていく。
人間が増え、さまざまな感情と生活が入り乱れると次第にジャンルは増えていく。
それから、写真、映像と表現媒体は進んでいく。

なんかそれたけど、
撮っているものは、その実感から始まる。
実感の形状のための写真じゃなくて、実感と現実の出来事との往還としての写真。
自分と自分の皮膚の外側との摩擦で生まれるもの。

生きるということは、その摩擦をつくることではなかったのか。
[PR]

by stoneroses8010 | 2009-11-29 22:15 | photo
2009年 11月 27日

眠すぎ

だめだ。眠すぎ。
おまけに、暗室で集中しすぎて、足腰がガタガタ。
来年は確実に2回展示をすることになります。

くわしくは、また。

友人が新世紀に入ったりと、自分だけでなく、周りもいい感じ。
[PR]

by stoneroses8010 | 2009-11-27 23:05 | photo
2009年 11月 26日

生々しさ

生々しさだけが頭に残る。
見ようとする自分、見えているもの、不要なものを削いでいけば、
たどりつくところは、普遍ではないか。

日常は、すでに臭いをなくした。
[PR]

by stoneroses8010 | 2009-11-26 00:25 | photo
2009年 11月 13日

すべて。そう、すべて。

人だけで生きているわけじゃない。
地面があって、動物がいて、風が匂い、水がゆらぐ。

すべて。そう、すべて。
ゆるやかに。もっと、ゆるやかに。

自分というものこそ、ちっぽけだ。
自分が作ろうとする世界は、もっとちっぽけだ。
[PR]

by stoneroses8010 | 2009-11-13 23:07 | photo
2009年 11月 11日

向かってくるもの

意志が向かってくる。
それが物質だろうと、生物だろうと。

慄いているうちは、それを受け入れていない。
[PR]

by stoneroses8010 | 2009-11-11 22:43 | photo
2009年 11月 11日

何を見ている。

その姿の先に何を見るのか。
見えている以上のことが見えている。
なにかが潜んでいる。

いや、そうじゃないかもしれない。
けど、脳は反応している。想起している。

そこには、生に近いものがある。
生は生を求め、生の中でしか生はない。

もっと、人間はシンプルでいいはず。
[PR]

by stoneroses8010 | 2009-11-11 00:09 | photo
2009年 11月 08日

つながっていけ、どこまでも

一つの石が波紋となってどこまでも、広がるような。
一つの星の輝きが他の星を照らすような。
編む込むことに方向性があるんじゃなく、
そうやってつながっていく。
終着点なんかありゃしない。

それを探っていく六道輪廻のような旅。

150年先のことを考える。
写真が誕生して、150年で、何を撮るということは
手元に落ちて、手品があふれ出した。

150年後はどうなるだろう。
シャッターすら目に内蔵されるかな。
ボタン一つで感覚が同期化されるかな。

そのときに、何が残っていくのだろう。
[PR]

by stoneroses8010 | 2009-11-08 23:19 | photo