<   2010年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2010年 03月 29日

雑感もろもろ

大概にしてほしいというぐらいのご無沙汰。

webというわけでもないが、自分のオフィシャルのページを作って、そちらばかり管理していた。ご覧になりたい方は、私の名前でググってください。

ツィッター。
最近、中毒気味なんですが、短文で文章を、ちぎっては投げすることは、反射や無意識に出てくる文章を形にすることであり、それを留めることに無意味の意味を感じる。
いまは、わからなくても、時間を経てわかってくるような。


近況。
2月にミオ展を終えて、秋には個展を控えている。
構想は、すでにできていて、スケジュールの進行と資金の調整に入る。あとDMなど。
すでに、次のシリーズをもう、暗室で試行錯誤しつつ、1年近くになる。これはほぼ毎週暗室で出来上がるイメージと自問自答しつつ、ブラッシュアップの状態。このシリーズのいいところは、簡単に言葉にならないところ。
前回に、コンセプチュアルなことをやって、ある程度の評価を得てきたので、今度はその逆を試みている。
前回は、生、力とポジティブな要素が多いが、今回はどちらかというとネガティブな面が見ようには見れる。
そこから、自分の根底にあるものが、点滅させることができるかどうか。
それを探る作業。

写真は、物質。
イメージだけでなく、その時にある空気、時間、人の関係性、歴史などすべてが含有されている。
ずっと、前から自分の奥底で知覚していたことが、ついこの間、とある方もおっしゃていて、一気に確信に変わった。


ブログを更新したわけは、ツィッターによる短文の反発。
反発は生きていくうえで、大切な作用。
ルネサンスもそれ以前の表象への反発。印象派もそれまでの写実の反発。
セザンヌは、人間(自分)中心主義への反発。
時代に対する反発の作用があって、新たな試みが続く。

最近のアートフェアの乱発気味には、海外の美術館の仕組みを日本の美術館に持ち込むような雰囲気があって、その意義とコンテンツの乖離加減にどこまで、アートと人とのつながりに寄与できるのか未知数。
「アート」という言葉を真剣に考えてしまう。
[PR]

by stoneroses8010 | 2010-03-29 22:36 | photo