確証はない。それを信じるしかない。

meetsall.exblog.jp
ブログトップ
2009年 11月 08日

つながっていけ、どこまでも

一つの石が波紋となってどこまでも、広がるような。
一つの星の輝きが他の星を照らすような。
編む込むことに方向性があるんじゃなく、
そうやってつながっていく。
終着点なんかありゃしない。

それを探っていく六道輪廻のような旅。

150年先のことを考える。
写真が誕生して、150年で、何を撮るということは
手元に落ちて、手品があふれ出した。

150年後はどうなるだろう。
シャッターすら目に内蔵されるかな。
ボタン一つで感覚が同期化されるかな。

そのときに、何が残っていくのだろう。
[PR]

# by stoneroses8010 | 2009-11-08 23:19 | photo
2009年 10月 29日

ほっとするのは、一瞬でいい。

見つめなおすこと。
反芻すること。
それを怠けてはいけない。
言い訳してはいけない。

ほっとするのは、一瞬でいい。

近々、展示の案内が、またできそうです。今は内緒。
冴えないことも多いけど、なんだかノッてきてもいる。
捨てる神ありゃ、拾う神あり。
今回の件を受けて、ブログのスタイルを変えるかも。

鉱脈をはやく突き詰める。
最近、「欲」というものが、やっとわかってきた。
俗っぽいものじゃなく、純粋な「欲」って、本当に繊細なもんなんだな。

ジャームッシュの「リミッツ・オブ・コントロール」を観た。
謎だらけでも、筋が通る。世の中そんなもの。
映画を観ている人が、なんでもわからなきゃならないと思うのは傲慢だ。
[PR]

# by stoneroses8010 | 2009-10-29 21:55 | photo
2009年 10月 13日

ちょっと

ちょっと、疲れ気味。移動しすぎかな。
昨日、九州出張→九州一人旅から帰ってきた。
この数カ月で移動しまくり。その反動かも。
[PR]

# by stoneroses8010 | 2009-10-13 23:58 | 我思ふ
2009年 09月 30日

様々にまざまざと

雨の日は、キャロル・キングがいい。


すっかり更新ご無沙汰でした。
ただ忙しいだけで、考えがまとまらない。

8月は、
富士のあと、TWSに呼び出され、急きょ東京へ。
東京PHOTOも見る予定だったので、2週連続で行くことになった。
友人とは仕事の都合が付かず会えず。

9月
友人が初個展でオープニングに参加したり、
院のころの学芸員の友人がはるばる訪ねてきてくれて、いろいろお話したり。
額屋との打ち合わせ。
プリントの打ち合わせ。
乗鞍岳でクマとニアミス。
それでも、やってますよ、仕事等。

見たもの備忘録
・堂島リバービエンナーレ
・ART OSAKA
・光 野口里佳・松本陽子
・北島敬三 1975-1991
・ゴーギャン展
・米田知子展
・アイ・ウェイウェイ
・伊島薫 ONE SUN
・TOUCH WOOD (瀧本幹也さんが素晴らしい)
 などなど。


ジャンルがどうであれ、出てくるのはつくっている自分。
その人がどう考えているのか、どうしたいのか。
モノがヒトとコミュニケーションするんじゃなくて、
やっぱりヒトとヒトがコミュニケーションする。



冒険家じゃないから、遠くまで行けないよ。
現実、食っていかなきゃならないから遠くまで行けないよ。
けどね、遠くであろうと、近くであろうと、自分の身体が、
極限まで知覚したがる時がある。

その場ですべてを受け止める。

木の軋みに耳を傾ける。
空気の湿りに触れる。
風を匂い、水の変化を見る。

そこがどこだろうと関係なく、
彼岸の果てすら突き進む。

それが生ということ。
それを形にするということ。
[PR]

# by stoneroses8010 | 2009-09-30 21:51 | その他
2009年 08月 17日

富士山のこと

富士山のこと

8月上旬。富士山登山。私より体力ありそうな友人を連れていった。

富士宮口より登山。
一日目は、経験したことない豪雨。友人は、ものの15分で高山病だと訴え始める。
「はやっ!!!」と思ったが、なんとか励まし、なだめつつ、7合目の山小屋で宿泊。

山小屋では、ドテラを着たおやじが早くも宴会を始めており、うるさい。
ご飯(カレー)を食べたあと、水道なんぞないので、自前の水で歯磨きして、7時半には寝る。

その30分後に晴れたらしく、夜空は満天の星空、下には雲海と見応えある風景が広がっていたという。
失敗した。

なぜだか、午前5時まで寝てしまい、起きると宿泊客はほとんどいない。
もうみんな2時か3時あたりに出発しているとのこと。
しかし、ドテラおやじはちゃんといた。

午前6時15分。七合目出発。昨日とはうってかわって晴れ渡る。
気温もそんなに暑くなく、段差は多少あるものの、九州の山に比べるとかわいいもの。
しかし、友人は、高山病(?)を訴え続ける。酸素ボンベも大量に買っている。

昨日と同じように励ましつつ、登る。私はあまり疲れない。
大雪山自主トレが効いているのか。
mamiya7Ⅱを2回転がしたときは、精神的にショックを受けて疲れたが、正常に起動。すげぇカメラだ。デジカメじゃこうはいかない。

順調に登り、9合目に差し掛かった時、高山病でフラフラなかわいい女子が数人の男の友人に連れられ下山していた。可愛いというのは、それだけ生命を守る。

9時15分頂上。休んでいると、短パンランニングのおっさんが、走って登ってきて、自分で自分の写真を2枚撮り、また、走って下って行った。衝撃的だった。

10時~11時半。お鉢めぐりと昼食。
下山口は、吉田口(つまり、登りと違う下山道)としていたので、嫌でも、お鉢めぐりはしなければならない。
吉田口の頂上は、富士宮口の頂上よりも、かなり栄えていて、自動販売機もある。
店もあれば、土産物屋もある。一つの集落のようだ。

自衛隊が遠足のように登ってきて、昼食を摂っていた。
違う頂上口では米兵が登ってきていた。軍隊に人気あるな、この山。

12時から下山。吉田口は、歩く距離が長いものの、緩やかで段差はない。
くねくねの坂道をひたすら降りる。友人は、ここまで来たら、さすがにフラフラで、私の軽口にも一切応じない。孤独だ。

3時間かけて下山。吉田口の五合目は、富士宮口の五合目とは比べ物にならないくらい、
栄えていた。一大観光地。

バスで河口湖まで下山して、温泉。
下山後は温泉。これ重要。やめられんわ。
[PR]

# by stoneroses8010 | 2009-08-17 23:59 | その他
2009年 08月 08日

久々に映画のこと。

先ほど、映画を見てきた。
「レスラー」 ミッキー・ロークである。なんだか元気づけて欲しくて。

かつて栄光に満たされ、今はおちぶれたレスラーが、そろそろ年だし、孤独だし、家族とヨリ戻そうとしたり、安楽を求めようとするも、やはり孤独だろうとなんだろうと自分の居場所はリングであり、ファンが家族なのだという話。

孤独なミッキーが心臓手術をうけた後、トレーニングを再開したとき、やはり無理がたたって、ロードワーク中に、枯れ果てた雑木林のなかでうずくまる。なんだかいたたまれなくなり、身にもつまされる。

が、紆余曲折して、やはり自分のやりたいこと、居場所を明確にし、ラストファイト、ラストシーンまで帰結していく流れはよかった。

なんだか久々に爽快な映画。

内容的にはまあまあなんだけど、爽快に感じた理由は、(自分の環境はさておき)最近邦画に食傷気味だったというのもある。

最近、テレビ的味付けがされた邦画が多くなってきて、どれも期待はずれだった。

「剣岳」は、ヤマにハマり気味だったんで、かなり期待したが、割とフツー。ロケ地も実際の土地らしいが、
なんだか、きれいなだけで、現地行かなくてもいいじゃんと思った。
こういうとき、監督らが口にする「リアル」って何?と思う。

「ディア・ドクター」は、西川美和作品はすべて見てきたので、漏らさず見ようと行ってみた。
が、自分の予備知識(上映前の広報的な)が多かったせいか、まあまあという印象。

西川さんは、今回いろんなところに出て、作品について、コメントされてた。たぶん、本人も不本意だったと思う。そんなコメントより作品見ろよと言いたかったと思う。
でも、作品をプレゼンする以上、なんらかのわかりやすい言葉が求めれ、そのコメントもまた逸脱してないから、その言葉の印象が強く,作品を見ても、なるほどとしかならない。

鶴瓶が八千草薫を身を隠しながらも、訪ねていくラストがよかった。なんで?というわからなさがあるけど、物語に伏線らしきものがある。
でも、わからないというギリギリのところ。

2時間というところで、変に帰結させようとするから、わかりやすくしようとするから、なんだかしぼんだ感じになる。
これがなんだが、テレビ的に感じる。

なんというか、前もいったかもしれないけど、セリフやら、場面展開などがなくても、間や空気や光のゆらぎ、
人物がだまっていても、もどかしさを覚えてしまいそうなぐらいの、こちらがいろんなことを想起できそうなぐらいの心のゆらぎが
描かれるものが好みだ。結局、すべてはわからなくてもいいので。

久々に映画のこと、書いたな。
図書館で、フェデリコ・フェリーニを借りに行く。
[PR]

# by stoneroses8010 | 2009-08-08 01:39 | 映画
2009年 07月 31日

大雪山での出来事

北海道から戻ってきました。
トムラウシのあの事故の翌日に北海道に行って、その3日後から大雪山を単独で登ってやろうというのだ。
少ないのかなと思っていたら、結構いるものですね。

私は、縦走はしなかったけど、計4回(黒岳、赤岳、旭岳2回)ピストンで登った。
その中で、少し思い出深い出来事を一つ。

旭岳1回目のとき。
その日は、かろうじて雨は降らなかったものの、視界は不良。登れば登るほど霧で視界はせまくなる一方だった。6合目からは、木は生えずなんの遮蔽物もない火山のような岩、土がかなりの斜度で残る登りがずっと続く。

私は、ふと腰を下ろし、角度45度近くのそうした岩、砂がずっと折り重なっていく風景を見降ろしていた。
天気がよければ、視線のその先は、数十メートル先の次なる山の斜面で遮られ、普通の風景になってしまうところだが、そこは、うまく霧が遮り、その大地がどこまでも続くかのような錯覚を起こすぐらい広がっていた。


私は、頂上の風景や植物や絶景にはあまり関心がない。
達成感などもっとない。次ここ登ろうとか、百名山目指してやるとかいう野心もない。
それよりも、登って行くうちに見せる場の空気のゆらぎ、光がみせる変化、それを体感している自分、目のまえで起こる、人と風景が見せる
ちょっとした違和感、ときには笑い、ときにはイラっとする感覚に興味があって登る。
映画を見ているような気分。それに出会いたくて登る。



下り9合目あたりで、家の近くのコンビニに行くみたいな恰好で、ひょいひょいと写真を撮りながら駆けて登ってくる若い男とすれ違った。よく見ると、異国の方。(山であう異国の方は、驚くほど軽装な方が多い。)

そのときは、全然気にも留めなかったが、下り6合目あたりで、追い抜かれてしまった。

!!!!!!!!

いくら私が写真を撮りながらとはいえ、その男のとてつもないスピードに驚いた。
まぁ、写真撮りながらだからしょうがないと思っていたら、その男も、とんでもないスピードで、いたるところ写真を撮りまくっていた。
撮りながら、下りていく。それは「ただの観光写真」では済まされないものだった。狂ったように撮りながら下りていく。

私も下りながら、彼を観察していた。

彼は、半笑いで昇天寸前のようだった。要は、トランスしているのだ。

彼は、全身がアンテナのようになっている。あらゆるものに反射しているのだ。

「反射」することは、難しい。「考え」が入ると反射しない。

御託やシンパシー、思想なんかくそくらえ。
世界をもっとよく見る。そして反射しろ。

なんか、そう教えられているような気がした。

下りきった後、彼は私に振り返り、こういった
「スマーイル!」
そういって私を撮っていた。

なんだか、不思議がって、ついてくる日本人に、彼も不思議でしょうがなかったんだろう。


気が向けば、また北海道での出来事、書きます。
明後日からは、フジヤマに行ってきます。
[PR]

# by stoneroses8010 | 2009-07-31 22:46 | 我思ふ